カゴ釣り(2019/12/23中潮↓)マダイ27cm他

釣り日記
12 /23 2019
カゴ釣りに行ってきました(9:00~12:45)。昨日の暴風雨から一転、快晴ですが、冷え込みは厳しいものでした。
三角を通過する頃に日の出時間を迎え、景色が良かったので、1枚撮影です。
191223-1.jpg
海面からの蒸気霧が幻想的でした。
釣り場に到着後は、日もあがり風もほとんどなく波穏やかでした。潮は中潮⑤、やや速めに左に流れており、表層水温は17℃でした。
191223-2.jpg
191223-3.jpg
191223-4.gif
海の中は小魚の大群が表層付近を泳いでいました。青物はまだ回っていないようで、のんびりと泳いでいます。
191223-5.jpg
潮の流れが、早い時間帯なので、ゆっくりと準備をします。10:55にようやく落ち着いた流れになり、青物のボイルが時折見られるようになると、11:00に手前を流れていたウキが、沖に向かうような感じで入っていきました。合わせると元気よく抵抗してきます。釣れたのはマダイ(27cm、3.39)でした。
191223-6.jpg
アタリが、連発しはじめ、針外れがあるものの、11:35には、マダイ(25cm、2.36)
191223-8.jpg
11:50にマダイ(26cm、3.01)
191223-7.jpg
12:05にはマダイ(26cm、2.13)
191223-9.jpg
と足裏サイズばかりでしたが、針外れも含めると10回以上、ウキが入り楽しめました。良型は出ませんでしたが、食べるには十分な数が釣れたので良しとします。12:45には、右流れとなったので納竿としました。
191223-10.jpg

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、14.00、L2-3K
スポンサーサイト



カゴ釣り(2019/12/21長潮↑)マダイ25cm他

釣り日記
12 /21 2019
カゴ釣りに行ってきました(13:20~15:30)。昨日に引き続いて連日釣行です。曇り空で雨が降ってきそうな雲行きでした。潮は長潮、複雑な流れを形成しており、不安定でした。表層水温は17℃でした。
191221-1.jpg
191221-2-2.jpg
191221-3.gif
海の中は、小魚の群れが多く、ヤズの回遊も見られました。オキアミしか持ち合わせがないので、狙うのはあきらめました。長潮なので、手前は右、沖は左流れと二枚潮になっており、釣りにくい状況です。それでもチャリコなどの小物の活性は高いようで、ウキにアタリが出ます。針掛りしないことが続いたものの14:05にチャリコが釣れました。
191221-4.jpg
この頃から気にならない程度の小雨が降り始めます。14:30には、ウキが入りましたが、釣れたのはチャリコ(2.08)でした。
191221-5.jpg
15:00過ぎには、本格的に雨が降り始めます。潮の流れは左流れに落ち着いたものの、冷たい雨で手が痺れてきました。潮の流れが緩やかに、そして沖にゆっくりと引かれるように流れていた15:26に一気にウキが入ります。暫く待ちますが、浮いてこないので、糸ふけを取り合わせを入れます。しかし、それ程重量感もなく、釣れたのはマダイ(25cm、1.59)でした。
191221-6.jpg
もう少しの間、潮の流れは良さそうでしたが、冷たい雨にめげて納竿です。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2K

カゴ釣り(2019/12/20小潮↑)マダイ28cm他

釣り日記
12 /20 2019
カゴ釣りに行ってきました(12:40~15:00)。晴れてはいるものの、北寄りの風が吹いて気温もあまり上がらない陽気でした。潮は小潮③、左手前の流れで、表層水温は18℃でした。
191220-1.jpg
191220-2.jpg
191220-3.png
海の中は小魚の群れが確認できました。多少深めを泳いでおり、目の前の水面下1.5~2m付近でヤズの捕食を見ることができました。小潮なので、流れが不規則になりますが、短いチャンスをものにするため、釣りを開始します。1投目、いきなりウキに変化が出ます。釣れたのは、チャリコ(1.39)でした。
191220-4.jpg
今日は、活性が高いのかなと思いきや、それ以降、沈黙が続きます。次にアタリが出たのは、13:55で、釣れたのは、ガラカブ(1.10)でした。
191220-5.jpg
沖目に流れる潮に変わったので手前から攻めたのですが、近すぎました。14:16にチャリコ(2.18)、14:28にガラカブ(2.21)と小物が続きます。
191220-6.jpg
鼻に擦れ掛かりでした。チャリコの活性が上がったのか、餌を盗られ始めます。場所を小移動しましたが、14:40にまたチャリコ(4.00)でした。
191220-7.jpg
12月は、チャリコがよく掛かります。潮の流れが緩やかになったので、沖目を攻めてみます。14:55に流れていたウキが一気に入りました。合わせると良い感じの重量感、巻いてきますが、段々と軽くなり、釣れてきたのはマダイ(28cm、3.12)でした。
191220-8.jpg
最初の引きに騙されました。針を飲み込まれていたので、針を結び、仕掛けを投げ入れましたが、潮の流れが右向きに変わってしまったので、納竿としました。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2-3→L1K

カゴ釣り(2019/12/17中潮↑)マダイ44cm

釣り日記
12 /17 2019
カゴ釣りに行ってきました(9:50~10:50)。曇り一時雨の予報で午後から雨が降るような感じだったので、午前の釣行としました。朝方振っていた雨も次第に止み、期待が膨らみます。潮は中潮④、ゆっくりとした左流れで、表層水温は18℃でした。
191217-1.jpg
191217-2.jpg
191217-3.gif
思ったより良い流れだったので、急いで準備します。雨の予報もあってか、今日の堤防は貸し切り状態です。準備ができた途端、小雨がぱらついてきました。レインウェアを着込み、釣りを始めます。風もなく、波穏やかで、餌のオキアミも質が良かったのですが、雨は余計でした。次第に雨も強く降る様になり、やる気をそぎます。
191217-4.jpg
風が無いだけ良しとして仕掛けを流します。しかし、10:00過ぎには南寄りの風が吹き始めます。沖目を流すこと数投目、10:40にチョコンと動いたウキが一気に入ります。糸ふけを取り、合わせを入れます。思ったより軽い手応え、足裏サイズかなと思っていると急に重くなり首を振り始める感触が伝わってきました。良型と判断、ゆっくりと巻き取りにかかります。上がってきたのはマダイ(44cm、2.03)でした。
191217-5.jpg
今日の天候状況では、これで十分、速やかに納竿としました。
191217-6.jpg
帰宅後の手入れが、いつも以上に時間がかかりそうです。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2-3K

カゴ釣り(2019/12/14中潮↓)チャリコ他

釣り日記
12 /14 2019
カゴ釣りに行ってきました(13:30~16:30)。久々に土曜日休みで、しかし釣り人も多いと予想されたので、午後からの釣行としました。雲の多い空模様ですが、気温は高めでした。潮は中潮、左沖向きに流れており、表層水温は18℃でした。
191214-1.jpg
191214-2.jpg
191214-3.gif
海の中は、小魚の群れも少なくなり、たまに回ってくる程度でした。クロの姿も見かけませんでしたが、他の釣り人にぽつぽつ釣れていたので、型も良くなり深みにいるのでしょう。潮の流れが若干速い状態続いていましたが、14:30にウキがゆっくりと入りました。浮いてこないので糸ふけを取り合わせを入れます。重みがあるものの引きは強くありません。釣れたのはイラ(26cm、1.50)でした。
191214-4.jpg
沖に流れる潮が続くので手前から流すと、15:18にウキがチョンと動き、釣れたのはガラカブ(2.54)でした。
191214-5.jpg
15:30には、ゆっくりとした左流れになり、15:38にウキに動きがあります。軽い手応えで上がってきたのはチャリコ(1.29)でした。
191214-6.jpg
元気そうなのでリリースです。その後は15:55と16:12にウキが入ることなく釣れていました。
191214-7.jpg
日もだいぶ傾き、潮の流れも理想通りになったもののアタリなく16:22には潮止まり、16:30には右流れとなったので納竿としました。
この時にかなりの小魚の大群が堤防沿いに来ましたが、青物のボイルは見られませんでした。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L1K

カゴ釣り(2019/12/9中潮↓)マダイ25cm他

釣り日記
12 /09 2019
カゴ釣りに行ってきました(10:15~12:45)。冷え込みの厳しい中、風は収まりつつあったので釣行しました。潮は中潮、やや左沖向きに流れており、表層水温は18.5℃でした。1週間で2℃下がっていました。
191209-1.jpg
191209-2.jpg
191209-3.png
先週と違い、小魚は確認できるものの青物のボイルは見られませんでした。10:40にウキがちょこんと入りますが、その後は浮いたままなので、巻いてみるとチャリコ(2.10)でした。
191209-4.jpg
その後はいつの間にかのガラカブです。
191209-5.jpg
11:30には、似たような小物のアタリでチャリコ(5:34)でした。
191209-6.jpg
11:40には、ウキが沈んだままになりましたが、軽い手応え釣れたのはマダイ(25cm、0.56)でした。
191209-7.jpg
その後も豪快なアタリなく、ガラカブを追加したのみでした。
191209-8.jpg
晩飯のおかずは確保できました。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L1K

カゴ釣り(2019/12/2中潮↑)ヤズ52cm

釣り日記
12 /02 2019
カゴ釣りに行ってきました(9:00~11:30)。昨夜は大雨、朝には止むものの強風注意報の予報で、どうしようか迷いましたが、釣行しました。到着後は、まだ弱い霧雨が降っており風は西寄りの風が強めに吹いていました。潮は中潮、速めに左に流れていて、表層水温は20℃でした。
191202-1.jpg
191202-2.jpg
191202-3.png
準備が完了した頃には雨は上がったものの風は段々と強くなる感じでした。波立っているので海の中の様子は観察できません。堤防際は右に流れており大きく渦を巻くような流れとなっていました。左流れのコースに投げ込み打ち返します。仕掛けの回収にも風の影響でやりにくい状態が続きます。10:15に回収すると何かが付いています。ネンブツダイ(3.30)でした。
191202-4.jpg
風がない日であれば、小さくとも重みが感じられるのですが、この強風状態では判りません。10:52には、同じような感じで極小ガラカブが掛かっていました。
191202-5.jpg
ウキは斜めに傾き、アタリは判らず、更に風が強く吹き始め、うねりまで発生し始めました。
191202-6.jpg
11:00過ぎには、流れは緩やかになったような感じですが風の影響からか手前に流れてきます。時々、青物のボイルが見られるので何かしらベイトが居るのでしょう。ここで餌をスーパーで買ったキビナゴ(10cm程度)に替えてみました。カゴに入れるには大きいので尾部の方をハサミで切り、収納、投げ込みます。暫く流したのち回収にかかり、もう少しでウキが海面に浮いてくる頃(11:15)に竿が一気に引き込まれました。反射的に竿を立て合わせを入れます。青物であることには間違いないので慌てずに巻きにかかります。マダイ用に合わせていたドラグを引きに合わせて少しずつ締め込み巻き取ります。海面近くでは激しく抵抗してきましたが、ようやくタモ入れに成功、釣れたのはヤズ(52cm)でした。
191202-7.jpg
少し晴れ間も出てきましたが、風は相変わらず、潮も右流れに変わったので、納竿としました。
191202-8.jpg
胃の内容物は6cm程度のキビナゴが10匹ほど入っていました。ルアーでなく生エサでしたがマッチザベイトですね。
191202-9.jpg

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL(最後にキビナゴ)、15.00、L1K

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。