カゴ釣り(2019/10/29大潮↓)マダイ21cm他

釣り日記
10 /29 2019
カゴ釣りに行ってきました(13:40~15:40)。昨夜から朝までまとまった雨が降りましたが、その後は晴れる予報だったので行ってみました。朝方は寒いぐらいで、ようやく秋らしさが感じられます。午後は良い天気で、長袖ではちょっと暑いぐらいでした。潮は大潮、到着後は速めに流れており、表層水温は24℃でした。
191029-1.jpg
191029-2.jpg
191029-3.gif
191029-4.gif
191029-5.gif
まだ潮の流れが速かったので、ゆっくりと準備します。潮の流れを確認しながら仕掛けを流します。さすがに大潮では本流に引っ張られ手前を流しても早い段階で沖に流れます。理想的な流れになるまで辛抱です。ようやく14:30過ぎに沖流れが弱くなりました。すると、14:35にウキに変化が出ます。合わせますが、軽い手ごたえ、釣れたのはマダイ(21cm、2.15)でした。
191029-6.jpg
針を飲み込んでいましたが、元気そうだったので糸から切ってリリースです。少し沖目を狙いますが、思ったより手前のコースに流れてきます。14:57にはウキが段々と沈んでいきます。根掛と思い素早く回収にかかります。すると生体反応があり重みが感じられます。強く抵抗するわけでもないのでキハッソクかな思っていると、白っぽい魚体です。釣れたのはイラ(30cm、2.56)でした。
191029-7.jpg
15:00過ぎには理想的な流れになりますが、アタリは無く、15:40には湧き潮が発生し始めたので納竿としました。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2K
スポンサーサイト



カゴ釣り(2019/10/23長潮↓)マダイ35cm

釣り日記
10 /23 2019
カゴ釣りに行ってきました(7:20~10:40)。午後からは天気が崩れる予報だったので、午前中の釣行です。曇り空ですが、風は弱めででした。潮は長潮、ゆっくりとした左流れですが、途中から沖に引っ張られる流れです。表層水温は23℃でした。
191023-1.jpg
191023-2.jpg
191023-3.gif
191023-4.gif
191023-5.gif
潮色はあまり良くはなく、いつもは撒き餌を落とすと湧いてくる小グロの群れが見当たりません。活性が低いようです。潮の流れも落ち着きがなく流れたり止まったりを繰り返していました。8:24によそ見している間にウキが入ってました。合わせますが、重いだけで抵抗しません。釣れたのはキハッソク(24cm、3.37)でした。
191023-6.jpg
今日の潮は流れません。餌も残ったままです。10:00過ぎに潮が左に流れ始めた直後の10:10、正面に流れてきたウキが一気に入ります。合わせを入れると元気よく抵抗してきます。釣れたのはマダイ(35cm、3.43)でした。
191023-7.jpg
潮の悪さから坊主を覚悟していたので、嬉しい一尾です。その後も粘ってみましたが、投げる度に遠投ウキの動きがよくありません。見るとサルカンにヘドロのような浮遊物が詰まっており、動きが悪くなっていました。このヘドロが海中に一杯漂っており、スイベルやサルカン等の小さい穴に詰まっていました。10:40には潮の流れも複雑に早く流れ始めたので、納竿としました。
191023-8.jpg

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2K

カゴ釣り(2019/10/16中潮↓)マダイ33cm他

釣り日記
10 /16 2019
カゴ釣りに行ってきました(13:30~15:00)。ここ数日は台風の影響で強風が吹き荒れていましたが、午後は弱くなる予報だったので、午後からの釣行です。潮は中潮、沖目にやや速く左に流れており、表層水温は24.5℃でした。ちなみに水質観測ブイのデータは10月14日20:00で止まっており、参考程度です。
191016-1.jpg
191016-2.jpg
191016-3.png
191016-4.gif
191016-5.gif
本流の流れが速く、沖に引っ張られるような流れなので、手前から仕掛けを流します。数投目、沖に向かっていたウキが一気に入ります(14:05)。様子を見ますが、道糸は走らないので糸ふけを取り合わせを入れます。釣れたのはマダイ(27cm、3.51)でした。
191016-6.jpg
潮の流れは更に緩やかになりますが、沖に流れます。14:35にやや手前を流れていたウキが入り、道糸が走ります。合わせを入れるとそれなりの重量感、釣れたのはマダイ(33cm、1.12)でした。
191016-7.jpg
この頃からようやく理想的な流れなってきたので期待が持てます。直後にチャリコが掛かりましたが、巻いてくる途中で、アオリイカが追ってきました。巻くのを止めると直ぐに抱き着いてきました。暫くしてから玉網で掬おうかとしましたが、タイミングが合わずに逃げられました。あわよくばと思いましたが、簡単ではないですね。カゴ釣りに専念と投げた瞬間、まさかのバックラを起こしてしまい強制終了です。これからという潮時でしたが残念でした。
191016-8.jpg

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2K

カゴ釣り(2019/10/9若潮↓)マダイ35cm他

釣り日記
10 /09 2019
カゴ釣りに行ってきました(9:30~12:00)。台風19号の影響が出ないうちにと父親を連れ立っての釣行です。釣り初心者の父親にはカワハギ釣りをしてもらいました。天気は良いのですが、若干風が強めでした。潮は、若潮、沖は速めに右流れで、濁りがありました。表層水温は26℃でした。
191009-1.jpg
191009-2.jpg
191009-3.gif
191009-4.gif
191009-5.gif
カゴ釣りを始める前にカワハギ釣りのレクチャーをして、様子を見ます。しかし、今日はカワハギには良くない潮のようでアタリがありません。時々、ベラが掛かる程度でした。潮の流れが段々と緩やかになり10:45頃には潮止まりとなりました。10:50には再び右流れになったかと思ったら一転、左流れに変化します。その直後の11:00にウキが上下します。軽い抵抗でしたが、釣れたのはマダイ(24cm、3.05)でした。
191009-6.jpg
直後の11:00にウキが入ります。マダイ(23cm、3.58)でした。その間に父親の釣りのお手伝いと大忙しです。11:25にウキがゆっくりと入って浮いてきません。糸ふけを取り合わせると軽い、しかし巻くにしたがって強く抵抗してきます。釣れたのはマダイ(35cm、2.08)でした。その後はやや強めに風が吹き出し、カワハギ釣りも本命が出ないので場所を替えるため納竿としました。
191009-8.jpg
カワハギは場所を替えて2匹は釣れましたが、手のひらより小さいサイズで終了です。ベラの猛攻が凄かったです。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL、15.00、L2K

菊池方面【ランチ】~南阿蘇方面(2019/10/5)

ツーリング日記
10 /05 2019
久々にツーリングに出かけました。夫婦そろって暑い・寒い・雨の日はダメダメな根性無しなので気候の良い今の時期限定企画になっています。今日は、ランチでもして気か向いたらちょこっと走ろうという感じです。まずは菊池方面に向かいます。
191005-1.jpg
向かったお店はナポリピッツア研究所イルフォルノドーロhttps://www.forna-vesta.co.jp/category01/index.htmlというお店です。妻の上司のおススメのお店ということで行ってみることに。出発して30分ほどで到着です。
191005-2.jpg
191005-3.jpg
開店直後で、お客様もごく僅かでしたが、直ぐに来店者が多く来て大賑わいです。注文したのは菊池マルゲリータとあか牛(阿蘇王)窯焼きの二品です。
菊池マルゲリータ(1,300円)
191005-4.jpg
あか牛(阿蘇王)窯焼き100gあたり(1,480円) 写真は注文した211gです。
191005-5.jpg
菊池マルゲリータは柔らかくチーズが最高に美味です。特筆すべきは生地の縁回りまで柔らかく焼けていることでした。大方縁回りは良く焼けていて多少硬くなりがちですが、柔らかく焼けており美味しかったです。あか牛もマスタードとの相性が良く、こちらも美味しく頂きました。また行こうと思います。その後、妻の提案で南阿蘇方面を走ってみようということになり南阿蘇方面へ。途中景色の良いところで写真を撮ります。
191005-6.jpg
風力発電のプロペラが見える所に寄ってみようということで俵山へ向かいました。
191005-7.jpg
また景色の良い所で1枚。
191005-8.jpg
ようやく見晴らしの良い所で写真を撮ります。
191005-9.jpg
191005-10.jpg
道の駅「あそ望の郷くぎの」で小休憩したのち、「免の石」に行ってみたいとのことで寄ってみました。「免の石」は岩山の空洞に挟まっていた巨大な岩で、宙に浮いて、何万年もの間挟まった状態で落ちない石としてご利益があると人気の場所でした。しかし、2016年4月の熊本地震で落ちてしまいました。でも落ちた後の空洞は猫が遥か向こうに見える根子岳を眺める姿に見え、落石した石は割れておらず、更にパワースポットとして人気が出たようです。そのような場所の近くにある「鳥の小塚公園」に到着しました。
191005-11.jpg
到着後、「免の石」に行きたかったのですが、公園の案内書によると気軽に歩いて行ける場所ではなさそうです。公園には「免の石」のモニュメントがあるとのことなので歩いて行ってみました。
191005-12.jpg
公園からの景色は最高です。
191005-13.jpg
「免の石」のモニュメントです。
191005-14.jpg
公園からは空洞が眺められます。
191005-15.jpg
191005-16.jpg
機会をみて、免の石往復コースを申し込んで行ってみようと思います。詳しくはこちら免の石トレッキングコース

(本日の走行距離) 109.2km

カゴ釣り(2019/10/2中潮↑)マダイ43cm

釣り日記
10 /02 2019
カゴ釣りに行ってきました(7:10~9:10)。台風18号が接近している最中ですが、午前中ぎりぎりやれるかなと思い釣行です。曇り空で風がやや強く、うねりもありました。潮は中潮、左に速く流れており、表層水温は26℃でした。
191002-1.jpg
191002-2.jpg
191002-3.gif
191002-4.gif
191002-5.gif
天気予報より現地の風は強く吹いており、若干釣りにくい状況です。潮の流れが緩やかになるまでの辛抱ですが、風は段々と強くなってきます。うねりと強風で微妙なウキのアタリが判りずらかったのですが、何となくウキがおかしいと感じ巻いてくると釣れたのはメバル(18cm、2.30)でした。
191002-6.jpg
風の影響をなるべく受けないようにと堤防寄りを流すと8:10にウキが不規則に動いています。釣れたのはガラカブ(2.07)でした。
191002-7.jpg
8:30にやや潮の流れが緩やかになりましたが、逆方向に吹く風は更に強くなり沖合は白波が立ち始めました。
191002-8.jpg
それでも、8:44にウキが入ったまま浮いてきません。聞き合わせをして巻いてくると結構抵抗してきます。良型ならこれで終了と思いきや釣れたのはイラ(32cm、3.11)でした。
191002-9.jpg
シルエットが見えたときはマダイと思われたのでちょっとがっかりです。気を取り直し、同じコースを流すとうねりに巻き込まれるようにウキが沈みます(9:00)。アタリ?と様子をみますが、浮いてくる気配がありません。ラインも走らないので、糸ふけを取り合わせを入れます。重量感が感じられ、マダイであることは間違いない引きですが、先ほども騙されたので姿見るまでは慎重に巻き取ります。釣れたのはマダイ(43cm、2.05)でした。
191002-10.jpg
肛門から何やら飛び出していたので出してみると甲殻類(カニ?)の脚のようでした。
191002-11.jpg
今日は悪天候でもあり、良い型が釣れたので、早々に納竿としました。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛9号、餌撒き餌共に生オキアミLL(見た目はLサイズでした)、15.00、L2K

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。