サビキ釣りも奥が深い③【最終章】

回顧録
04 /27 2020
どの釣り方でもそうですが、嵌っていくほどに市販の仕掛けでは満足せず、改造あるいは自作するするようになっていくかと思います。サビキ釣りも同様で、私の場合は、スキン仕様の物を色々試し、自作した時期もありました。今は市販の物を改造する程度に収まりましたが、得られた結論はシンプルでちょっとした工夫で十分ということです。そのことについて記してみようと思います。
静浦港2007年7月21日
この時釣行時に使った仕掛けは「スキンサビキ5号(蛍光塗料)」(実際は蛍光でなく夜光です)となっていますが、これは市販のサビキ仕掛けを改造したものです。ここに落ち着くまでは様々なスキン、針を試したものです。同じ白スキンでもメーカーにより違いが出て、理由は未だに解明できていません。また、市販の仕掛けは100%満足できるものがありません。市販の物の不満な点としては、針数の多さ(間隔の狭さ)、幹糸の細さ、スキンの長さなど細かいところを挙げるときりがありません。針数が多い、幹糸が極細だと仕掛けが絡みやすくなります。このトラブルは何とも避けなければなりません。8~10本もある仕掛けに全て針掛りしている光景は見栄えして、子供は大喜びですが、針から外すのが大変です。また、型が良くなってくると絡みが多くなり、1匹で2本の針に掛かってくることも少なくありません。絡みを少なくするためにオモリを大きくしたりしますが、幹糸の細さが気になったりします。
 そこでやってみたことは、針数を減らし幹糸を太くすることでした。幹糸を太いのにサビキ針を切って結べばよいのですが、針の号数が小さいものはハリスの長さが3cmしかなく、更に短くなるのと結んだ後の針先がきれいに外側に向かないことが多くあり、針掛り率を落とす原因となりました。ようやくできた方法が以下の方法です。
サビキ1
まず、市販の仕掛けの枝針部分を結び目を残してカットしておきます。そして3号程度の糸を八の字結びの形にしてその輪の中にカットした枝針を通します。針先は、上向きで外側を向くようにします。
サビキ2
八の字に結んでいた幹糸をゆっくりと締めていきます。
サビキ3
枝針を引っ張ります。この時に針先が上かつ外側に向くように微調整します。調整が終わったら瞬間接着剤等で結び目を固着させます。その後は25cmの間隔を空けて幹糸に八の字の輪を作り、同様の操作を行います。針数は、3~4本程度にします。仕掛け全体の長さを1m前後にした方が扱いやすいです。そして、最後に一番重要なサビキ針の改造です。
サビキ針
サビキ針のスキンの垂らしを短くカットし、夜光塗料をスポット状に塗布します。私は、エポキシ系夜光塗料を使用しています。全体に塗るのではなく、小さく点状にすることが良い結果が得られました。全体が淡く光る夜光仕様のスキンより、食いつきが良かったです。だからといって全体に塗っては逆効果で、点状にまんべんなくという感じです。
今は、この仕掛けに統一です。あとは、針の大きさが違うものを揃えるだけです。もっとも子供達は巣立ち、サビキ釣りを楽しむことはしなくなったので道具箱に眠っています。この前、釣具屋さんでこんなサビキ仕掛けを見つけました。
特注仕様サビキ仕掛け
特注仕様で、特筆すべきは、針の大きさに対してハリスや幹糸が太いことです。このタイプ(3号針)だとハリスはだいたい0.6号、幹糸は1号という物が多いのですが、対象魚(コノシロ)に見合った仕掛けだと思います。ご当地ならではの仕掛けだなと感心しました。もう少し幹糸を太くして、枝針の間隔を空けて、針数を少なくしてと改造の余地はありそうですが、そんな楽しみ方もあるサビキ釣りです。ご当地仕様のサビキ仕掛けを収集するのも面白いかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。下記バナーを押していただけると嬉しい限りです。
また、他の皆様のカゴ釣りブログを閲覧することができます。
にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



サビキ釣りも奥が深い②

回顧録
04 /21 2020
スキン仕様のサビキ仕掛けを追求するきっかけの一つとなった事を紹介します。トリック仕掛けが最高と思っていた時期に、小アジ狙いで釣行した日でした。初心者でも大漁間違いなしと思っていました。
静浦港2005年6月24日
家族サービスを兼ねた釣りだったので、撒き餌入れから魚の釣り外しなど黒子に徹しました。見えているイワシの群れ、鈴なりに釣れて、子供たち大喜びと思いきや、意外にアタリがありません。ようやく1匹釣れた魚で、ウルメイワシだということが判ったのですが、なかなか釣れません。アミエビには反応しているようですが、針を見切られているようでした。その後、しばらくしてカタクチイワシの群れが入り、今度はフィーバー状態です。餌が無くても釣れる状況で、子供たちも大喜び、事なきを得ました。
 その後、青物が来ても良いような仕掛けにバージョンアップしていきました。下記の釣行時の仕掛けがその典型的なものです。
静浦港2005年8月9日
「ワカシ・アジ狙い仕掛け」と勝手に命名した仕掛けですが、白スキン、カブラ、ピンクスキンと色々なサビキ針で針の大きさやハリスの太さを替えたものを混在させた、万能仕掛けでした。どちらの魚種も狙える時期には最高のものでした。
 さらに月日が経ち仕掛けも変化していきます。万能仕掛けから対象魚を絞った仕掛けへと変化し、対象魚だけを狙う釣行へと変わっていきました。下記の釣行時がその時のものです。
静浦港2009年7月26日
小アジ狙いでしたが、直ぐに群れがいなくなり、替わりにウルメイワシが回ってきました。この時は白スキンがアタリ針で、大漁でした。家に帰って捌いたときに納得しました。お腹の中がシラスで一杯だったからです。アミエビを撒いているのに似てるとも思えない白スキンに食いついているのですから不思議です。普段食べている物にはかなわないのでしょう。短時間しか地合いの無い、小アジやウルメイワシに狙いを絞り、白スキンに拘る様になってから満足いく釣果が得られる様になりました。
 現在市販のサビキ仕掛けは、よりリアルなものの出回っており、如何にも釣れそうな感じです。しかし、どれが良いかはその場所に足しげく通い詰めないと判らないというのが結論です。同じ対象魚でも、時期や時間、海の状況により変わるからです。針の種類、大きさ、棚など選択肢がありすぎて大変です。でも、ある場所に殆ど毎日通っている地元のおばちゃんは、同じサビキ仕掛けで短時間のうちに釣果を上げます。道具や仕掛けの値段だけでは計り知れない何かがサビキ釣りにはあります。奥が深いのです。

ブログランキングに参加しています。下記バナーを押していただけると嬉しい限りです。
また、他の皆様のカゴ釣りブログを閲覧することができます。
にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村

サビキ釣りも奥が深い①

回顧録
04 /18 2020
どのような釣りも、面白さや楽しさがわかってくると深みにはまり抜け出せなくなります。カゴ釣りを始める前は磯からのメジナ釣り1本で他の釣りは眼中になく、その頃はカゴ釣りを敵視していたくらいです。結婚して子供ができると遠出して自分だけが釣りに行くわけにもいかず、でも魚釣りがしたい、家族連れでできる釣りはと出た結論がサビキ釣りでした。リサーチして行った場所こそ静浦港でした。そこで目にしたものは、カツオの1本釣を連想させるような釣り、両軸遠投カゴ釣りでした。でもその時は家族サービスに徹しなければならない時期でしたので、それを横目で見ながらのサビキ釣りをやっていました。子供や妻を飽きさせないように楽しい思いをさせる(釣れ続ける)ことを至上命題として、如何に釣果を上げるかを研究したものです。そのことについて何回かに分けて記してみようと思います。
最初は、サビキ釣りをなめていました。サビキの種類など深く考えず、アミエビ撒いてその中にサビキの仕掛けがあれば食いついてくると思っていました。でも明らかに周り(特に常連さん)とは釣果に差が出ています。しかし、どちらかというと遠投カゴ釣りが気になっていたので、家族サービスとしてのサビキ釣りは進化しませんでした。それから1年ほど経過し、カゴ釣りとサビキ釣りのコラボが家族サービスの一つになった頃にマダイが釣れ、データ化するようになりました。一応、サビキ釣りもデータ化を始めると色々なことが判り、こちらも深みにはまり始めました。サビキの種類は、時間帯は、棚はと色々試しました。
静浦港2005年6月18日
この日は、朝マヅメと夕マヅメと同日に2回釣行したものです。マヅメ時にアタリが集中するのは判っていたので、サビキの種類として人気が出ていたトリック仕掛けのお試しを兼ねていました。トリックの仕掛けも豊富に種類があるので、色々試してみました。この頃に判った事は、オモリは添付してあるものより重いものを使用したほうが、仕掛けが絡みにくいことと、多少遠投したほうが、魚が居ることでした。竿先の真下では釣れないのです。投げすぎてもダメで、5m以上10m未満というところです。また、トリック仕掛けもシングルよりWフックの方が針掛りが良い、当たり前の結果ですが、針の大きさも影響します。じゃあ、トリック仕掛けはWフックでOKかというとそうでもありません。トリック仕掛けはアミエビの撒き餌に仕掛けを擦り付けて針自体にアミエビを引っ掛けます。トリック仕掛けには親子針仕様がありますが、こちらの方が、アミエビの掛かりが良く、魚が食いつく確率が高いです。本来、トリック仕掛けはアミエビを付けたら真下に静かに仕掛けを下すという釣り方です。ですが、真下に魚が来ない以上、少し投げるしかありません。投げると沈む勢いでアミエビが取れてしまい、アミエビの取れてしまった空針には針掛りしないとなるわけです。それから親子針仕様によるトリック仕掛けで釣ることになりますが、その後、新たな仕掛けを見つけました。その時の記録が下記のものです。
静浦港2005年7月9日
この時に使用したものは、親子針に夜光仕様のスキンが付いたものです。これにWトリックの仕掛けの一部を結んで、サビキ釣りをやってみました。夜光仕様でしたが、暗いうちはアタリが無く、夜明けとともに急に釣れ始めました。殆どは夜光仕様の親子針に掛かっていました。トリック針はアミエビが付いていれば、良いのですが、付いていないと厳しく、スキンが付いたものだと掛かりが良いということが判った日でした。それまで、トリック針以外にも、サバ皮やハゲ皮、オーロラ仕様のバケなどのサビキ仕掛けも試したのですが、スキンの方が、確率が高い結果となりました。それからは、各種スキン使用のサビキ仕掛けに嵌ることになっていきます。

ブログランキングに参加しています。下記バナーを押していただけると嬉しい限りです。
また、他の皆様のカゴ釣りブログを閲覧することができます。
にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村

釣りはやっぱり1に場所(ポイント)

回顧録
04 /15 2020
釣果を上げようとするなら、やっぱり場所(ポイント)だ、というが持論です。大抵の場合、釣り場のマル秘ポイント紹介や、〇〇堤防で釣りました等を公開しようものなら、多くの釣り人が押し寄せ、場荒れしてしまうからやめろという声が必ず上がります。一部のマナーの悪い釣り人の所業により、釣り禁止になることもあります。新聞や雑誌に載るほどの1級ポイントでは、隠しようもないので初心者からベテランまで色々な釣り人が来るわけですが、上手く?釣りをするためにローカルルールが出来上がります。多くは、地元の常連さんが、良くも悪くも効率よく釣果を上げるために作られたものだと思っています。長い年月をかけて築き上げてきたものですから簡単には譲れないわけです。そして守るべき最たるものが場所(ポイント)だと思っています。こういう釣り方でないとダメと言ったり、場所取りしたりと、あの手この手で新参者を遠ざけます。新参者は新参者で、あの手この手で隙を伺います。今回は、ポイントさえうまく掴めば、釣果は得られることを記してみようと思います。
ポイント
この図は、堤防からマダイを狙う場合にどの辺にアタリが集中するかを私になりに表現してみたものです。同じ堤防でも根の様な障害物、堤防の基礎をなしている敷石の切れ目など起伏に富んだところが狙い目だと思っています。当然ながらAの場所がマダイを狙うには1級ポイントであることが判ると思います。Aの場所は飛距離に関係なく釣れるポイントがあります。そして、80mラインに皆が仕掛けを投げ入れると帯状にコマセが効いて、Aから少し外れても釣れてきます。これはコマセで作られたポイントです。ところでAから離れたBの場所はどうでしょう。根という障害物もなく、多くのコマセラインから外れるので確率が落ちます。★マークの所まで大遠投して釣れたとしても、そこが本当のポイントかどうかは判りません。たまたま釣れてきただけかもしれません。
 特に両軸リールを使ったところの遠投カゴ釣りは、釣れなければ遠くへという傾向にあります。それは単純に、如何に遠くへ投げ入れるかというスポーツ?にすり替わっているからです。釣果を目的とするならば、Aの場所のようなポイントに惑わされてはいけません。Aはどこまで投げても釣れますが、Bは確率は上がらないからです。「一発大物」、聞こえはいいですが、マダイが釣れる確率を上げないと大物マダイも釣れないのではないかと思います。障害物のある場所を広い海原で見つけるのは簡単ではありませんが、堤防の場合は、障害物のようなものです。敷石と海底の境目とか、実はマダイの餌が豊富にある場所でもあります。しかし、両軸リールで足元付近狙いはある意味勇気がいるし、周りとの飛距離が極端に違うのもお互いに釣りにくいものです。そういう時は釣り人が少ない条件の時に行きましょう。その一例を下記の釣行データで示します。
2007年3月の静浦港における釣行でしたが、この日は小雨が降っており、釣り人が少なめでした。それでも1級ポイントは一杯でした。離れた場所で、近投で流し、数投目で得られた釣果(マダイ50cm)です。
静浦港2007年3月11日
次に、2008年5月の静浦港における釣行で、この日も小雨の降る日でしたが、近投で、マダイ55cmでした。
静浦港2008年5月11日
他、200件近くデータはありますが、単なる釣果自慢になるのも嫌なのでこの辺にしておきます。
高級な道具や贅沢な付け餌を使っても、場所(ポイント)がダメなら釣れません。釣れる確率を上げてこそ、立派な道具で勝負ができるのではないかと思います。最も青物の場合は遠投有利の場合が多いので、対象魚に合った場所(ポイント)の見極めが必要でしょう。この道具で何をしたいのか、何を狙っているのか、ブレずに釣行を楽しみたいものです。

ブログランキングに参加しています。下記バナーを押していただけると嬉しい限りです。
また、他の皆様のカゴ釣りブログを閲覧することができます。
にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村

餌の生オキアミ、こだわりと妥協

回顧録
04 /13 2020
マダイ狙いのカゴ釣りで、餌は生オキアミを使っています。場所や季節によっては特エサなるものが存在し、色々試してみますが、結局元に戻ります。熊本で使用している生オキアミは下記のものです。
オキアミ1
今のこだわりは冷凍真空パックのLLサイズで少量(48切り)のものです。別にヒロキューの回し者ではなく、この種類が余りないので、妥協して使用しています。
オキアミ2
冷凍真空パックを解凍すると様々な形態のオキアミが出てきますが、真ん中のような目玉やヒゲがしっかり付いていて、形がしっかりしているものを付けエサとして選別しています。ここはこだわりを持って選別しています。しかしながら全体の1割あるかないかの量です。でも、3時間近く釣りをしてもカゴを投げ入れる回数は20回程度なので、少量(48切り)で十分です。以前は、品質も追及していた頃がありました。今回は、その事を記してみたいと思います。
 カゴ釣りを始める前は東伊豆の地磯でメジナ釣りをやっていました。職場に釣り師匠がおり、色々と手解きを受けたものです。この方は地磯から40cmオーバーのメジナをいかに釣るかを追求されていました。「だったら沖磯に行けば」となるのですが、それでは面白くないというのです。そして得た結論は、夕マヅメから夜間(20時頃)で勝負するというものでした。釣り方については長くなるので割愛しますが、餌の生オキアミは〇〇釣具店からしか買わないという徹底ぶりでした。田んぼの真ん中にある小さな店で、海岸沿いにある店と比べると、とても寄っていこうという気になれない店構え(失礼)でした。初めて連れて行ってもらった時でしたが、店に入ると師匠は「真空パックのオキアミある?」と聞いてました。するとお店の方は外へ出ていきました。あれ?と思っていると、師匠はこう教えてくれました。店内の冷凍ショーケースにあるものは光らない。店の裏にある業務用冷凍庫から出してもらっている。-60℃だから劣化しない。店の中のは-20℃だけど、開閉が頻繁にあるから温度が高めで劣化する。何十年来の付き合いだから出してくれると。その時は半信半疑でしたが、確かに解凍したものを夜に見ると光って見えます。下記のような感じ(イメージ)です。
オキアミ3
足の付け根のお腹の部分が、点状に光って見えました。ボーッというよりコントラストのはっきりした点状です。大体4~5個並んで見えます。ある時、釣りに出掛けた時の事でした。その日、師匠は用事があるから遅れてくるとのことで、先に行くことになりました。あいにく〇〇釣具店は店主が外出中で餌を購入できませんでした。しかし、釣り場の近くに24時間営業の□□釣具店があり、同じメーカーの真空パックのオキアミはあったので、それを購入し釣行しました。いつものように解凍し使い始めますが、暗くなってから光っていないことに気づきました。あったとしても1ヵ所だけで貧相な感じです。それでも新鮮な感じだし、問題ないだろうと釣りを開始します。しかし、なかなかアタリがありません。その頃、師匠が到着し準備を始めました。すると間もなくして良型のメジナが連発します。さすが、師匠だなと思っていましたが、使用しているオキアミは〇〇釣具店のものでした。事情を説明すると餌を分けてくれました。よく光っています。使用した途端、アタリが連発し、楽しむことができました。この時から光るオキアミに拘る様になったのは言うまでもありません。
 〇〇釣具店は何か特別な流通ルートがあるのかと思うでしょうが、店内のオキアミで試したことがありましたが、いつもの感じでは光ってはいませんでした。やはり冷凍温度が強く関係しているだと思います。カゴ釣りを始めてからは、通り道ではなくなったため、別のお店で買うことになり、やはり光らないし、光らなくとも釣れたので、光るオキアミには拘らくなりました。
 熊本に来てからは、生オキアミを砂糖やアミノ酸に漬け込んだりして加工オキアミを試してみたりしましたが、やはり原点に戻り、ただの生オキアミを使っています。集魚剤など使わず、自然な状態の餌だけで勝負するという師匠の拘りが少しは判ってきたような今日この頃です。まだまだ足元にも及びませんが。

ブログランキングに参加しています。下記バナーを押していただけると嬉しい限りです。
また、他の皆様のカゴ釣りブログを閲覧することができます。
にほんブログ村 釣りブログ カゴ釣りへ
にほんブログ村

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。