カゴ釣り(2019/8/8小潮↑)マダイ23cm

釣り日記
08 /08 2019
カゴ釣りに行ってきました(8:25~12:35)。台風8号が通り過ぎた後でしたが、様子見での釣行です。天気は良く、潮色も思ったほど悪くはありません。潮は小潮、右流れで、表層水温は27℃でした。
190808-1.jpg
190808-2.jpg
190808-3.png
190808-4.gif
190808-5.gif
小潮周りは、流れが不規則に変わるので、理想的な潮の流れがいつ始まるかが読めません。今回は、付け餌をオオダエビ(冷凍)を使ってみました。撒き餌にはいつもの生オキアミLLを使用し、試し釣りです。海の中は小グロの他に、沖目を鉛筆サイズのサヨリが群れなしていました。時折、スズキのライズが見られました。潮は、不規則に変わりますが、概ね右流れです。アタリは出ないものの頭を齧られたり、首の部分を喰われたり(イカの仕業)と活性は高いようです。
190808-6.jpg
9:10過ぎにウキが沈んだり浮かんできたりとアタリがありました。糸ふけを取り、合わせを入れます。重くはありませんが、元気よく抵抗してきます。釣れたのはマダイ(23cm)でした。
190808-7.jpg
小さいですが、久々にマダイの姿を見た感じです。その後は餌を齧られるのみで、沈黙が続きます。10:10にウキが一気に入ります。糸ふけを取り、合わせると今度はかなりの重量感、大物の予感です。ところがその正体不明の大物は海面からジャンプしてきました。どうやらこの周辺に住み着いているトビエイのようでした。タモ網には入らない大きさです。、とりあえず寄せてこようとしますが、糸を巻いてきても手前にきて糸を引き出されて寄せることができません。15分ほどやり取りしますが、浮いてきません。これ以上のやり取りは無駄と判断、ドラグを閉め、強引に竿を立てます。10秒ほどの引っ張り合いの後、テンションが無くなりました。
見ると針が折れていました。
190808-8.jpg
その後は、12:00過ぎにウキが入ったもののすっぽ抜けに終わりました。今回、オオダエビ(冷凍)を使ってみましたが、付エサとして悪くはありませんが、生オキアミより沈む速度が速いので、使うには工夫が必要です。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン3号5m、針がまかつナノチヌ筏4号、餌オオダエビ(冷凍)撒き餌生オキアミLL、14.00、L1K
スポンサーサイト

カゴ釣り(2019/8/2大潮↑)×

釣り日記
08 /02 2019
カゴ釣りに行ってきました(5:30~9:40)。朝マズメと良い潮汐時間が一致しないのですが、様子見での釣行です。朝のうちは雲に覆われていましたが、8:00過ぎには青空が広がりました。潮は大潮、二枚潮が発生しており、釣りにくい状況です。表層水温は28℃でした。
190802-1.jpg
190802-2.jpg
190802-3.png
190802-4.gif
190802-5.gif
足元では、小グロが大群で泳いでおり、活発です。オキアミを撒いてみるとあっという間に無くなります。
190802-6.jpg
6:30過ぎに潮が緩むと小アジがエサ取りとなって押し寄せているようで仕掛けを回収すると餌がありません。たまに針掛りして海面まで上がってきますが、途中でオートリリースとなりました。また、大型のクラゲも多いようで、回収するたびに触手が道糸に巻き付いてきました。
190802-7.jpg
さすがに大潮では流れる時は川の様に流れ釣りになりません。しばしば中断を余儀なくされました。満潮前に再び緩やかになりましたが、長くは続かず右流れとなったので、納竿しました。地元の釣り師と釣り談義しましたが、小アジは朝より夕マズメの方が釣果が上がるとのことで、南蛮漬け用に狙ってみてもいいかもしれません。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつオキアミチヌ3号、餌撒き餌共に生オキアミLL、11.00、L2K

カゴ釣り(2019/7/30中潮↓)アジゴ多数

釣り日記
07 /30 2019
カゴ釣りに行ってきました(12:20~13:45)。これからの時期は朝夕のマズメ時が良いのですが、所用があり日中の釣行です。潮は、中潮、ゆっくりと左手前に流れており、表層水温は29℃でした。
190730-1.jpg
190730-2.jpg
190730-3.png
190730-4.gif
190730-5.gif
さすがに日中の暑さのせいもあるのでしょう、釣り人は少なめでした。海の中は、多少濁りも取れ、浮遊物もあまりありません。しかし、大型のエイが数匹泳いでおり、堤防の際を往復していました。
190730-6.jpg
ウキに変化は出ないものの餌が盗られます。2~3投目に正体が判明、アジゴでした。手前にきてオートリリースです。少しずつ沖を流しますが、若干当て潮気味の潮だったので、餌が盗られます。12:40過ぎに横に流れ始めましたが、12:50過ぎに濁りが入ってきて透明度が低下しました。その直後、ウキが入りましたが、大した手ごたえもなく釣れたのは小アジ(14cm)でした。
190730-7.jpg
更に濁りが強くなり、今度は餌が盗られなくなります。13:15過ぎには、当て潮気味に流れ始め、13:40には、強い当て潮となったため、納竿としました。まだ、梅雨の影響が残っていました。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒き餌共に生オキアミLL、9.50、L2K

カゴ釣り(2019/7/24小潮↑)×

釣り日記
07 /24 2019
カゴ釣りに行ってきました(9:30~12:50)。ようやく梅雨明けとなりました。当分の間は濁りが続きそうなので釣果は期待できませんが、様子見の釣行です。久々の青空、日差しが暑く感じられ、ようやく夏らしい感じです。潮は小潮で、ゆっくりとした左流れ、表層水温は26.5℃でした。
190724-1.jpg
190724-2.jpg
190724-3.png
190724-4.gif
190724-5.gif
海の中は、強い笹濁りで、透明度も1m未満です。今年一番の濁り具合でした。
190724-6.jpg
潮の流れは良さそうだったので、仕掛けを流します。しかし、ウキはピクリとも動かず、10:50過ぎには強い二枚潮が発生しました。釣り人が少なかったので、大きく陸側に移動し、流れが緩やかな場所に移動しました。この頃から左に右に潮の流れが変わり一定しません。餌が無くなるまでやってみましたが、何もつれることなく終了です。今後、大きく潮が入れ替わることを期待したいところです。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針がまかつナノチヌ筏4号、撒き餌付け餌共に生オキアミL、13.50、L2→L5K

カゴ釣り(2019/7/16大潮↑↓)アジゴ多数

釣り日記
07 /16 2019
カゴ釣りに行ってきました(05:30~08:30)。前回に続き、梅雨の晴れ間の釣行です。久々に朝マズメ狙いです。暗いうちから入り夜明けまで待ちました。波穏やかで、あちらこちらで大きくはありませんが、魚の跳ねる音がします。潮は、大潮、笹濁り気味で表層水温は25℃でした。
190716-1.jpg
190716-2.jpg
190716-3.png
190716-4.gif
190716-5.gif
水質グラフは、昨日から再び乱れ始め、期待できそうにはありません。アジゴ狙いにはよさそうです。明るくなってからイワシゴの大群が確認できますが、大きな魚に追われている感じではありません。相変わらず浮遊物は多めでした。
190716-6.jpg
今回は、針と餌をサイズダウンしてみました。思ったより潮が速く流れていたので最初はアタリが無かったものの7:00過ぎからアジゴが掛かり始めました。餌が盗られるか、アジゴが掛かるかのどちらかという状態が続きました。
190716-7.jpg
理想的な潮の流れになったもののその時間は短くあっという間に逆向きとなりました。まだゆっくりと流れていたので、試しにと近くにいたカニを捕まえ、付けエサにしてみました。すると今日初めてウキが入ります。が、水面下30cm位の所で動きません。一呼吸おいて合わせますが、空振りに終わりました。今度、正体を暴いてみたいと思います。

(本日の仕掛け等)
JOINAR船Ⅱパステルブラウン2.5号5m、針一刀真鯛8号、撒き餌付け餌共に生オキアミL、14.00、L1P→K

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。