カゴ釣り(2014/12/23大潮↓)マダイ47cm他

釣り日記
12 /23 2014
カゴ釣りに行ってきました(13:10~15:00)。天気予報では快晴、ほぼ無風だったので、朝の満潮時より、水温が多少上がると予想される干潮時狙いでの釣行です。




 潮は大潮、ゆっくりと左に流れており、開始当初から良い流れです。表層水温は15.5℃でした。朝は雲が広がっており、予報とは違っていましたが、昼近くには青空が広がる様になり日差しが出て暖かい陽気になりました。北風が多少吹いてはいましたが、日差しが出ているので快適です。
 あとはマダイが釣れればと思っていると、13:35頃にウキが入ります。軽い手応えですが、釣れたのはマダイ(24cm)でした。

 その後も、同サイズのマダイが釣れ、わずかな水温上昇が活性を高くしているようです。ゆっくりと流れていたウキが入り(13:55)、糸ふけを取る前に糸が走り始めました。大きいと判断、ドラグを緩め設定し、スプールを押さえて合わせを入れました。かなりの重量感です。スプールが逆転します。多少ドラグを締め、強い引きをかわしながらじっくりと巻き取りを開始します。時折、強く引きスプールが巻き取れなくなりますが、マダイなのでしょう、首を振りながらも根に入らず底へ逃げようとしています。ようやくウキが見え、カゴまで上がってきましたが、ここから最後の抵抗があり、底へ突っ込まれましたが、浮いてきたのはマダイ(47cm、1.5kg)でした。サイズの割には強い引きでした。

 その後も、足裏サイズのマダイが釣れ、釣れ続きそうな感じですが、食べる分は釣れたので納竿としました。

 大物は近くに住む親にあげ、小さいのはアクアパッツアにしました。最近は野菜を多めにしてます。美味しいですね。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL
スポンサーサイト

カゴ釣り(2014/12/21大潮↓)マダイ45cm他

釣り日記
12 /21 2014
カゴ釣りに行ってきました(11:50~14:00)。昨日から風が冷たく吹きつけ、天気も曇りがちでしたが、風はさほど強くなさそうだったので釣行しました。

 時折、北寄りの風が吹きますが、断続的で、比較的雲も薄めで、時々弱く日差しが射すと暖かく感じられました。潮は大潮、ゆっくりと左に流れていました。表層水温15℃で、海の中は小メバルの割合が多くなっていました。



 前回の釣行から比較すると水温もかなり低下していて、魚の活性も低いせいもあるのでしょう、釣り人も殆どおらず、静かです。潮の流れがまだ理想通りの速さでないので撒餌を撒く感じで打ち返しの間隔を短めにしました。本流近くまで流して巻き取ると妙に重量感があり釣れたのは大きめのフグでした。

 その後は餌も齧られることなく時間だけが過ぎていきます。1330頃には風も穏やかになり、流れも左手前に流れ始めました。かけ上がりぎりぎりまで流れた時にウキが入りましたが、針掛かりしていませんでした。
 その後、潮の流れが真横左流れとなり、速さも理想通りになりました。実績のあるラインを流していると、右の沖合から漁船が近づいてきます。漁港に入ってくる船だと道糸が引っ掛かってしまうので、すぐに巻き取れるように竿を手に取ります。あと50mで巻き取るつもりでウキを眺めていると13:45頃にウキが一瞬で入りました。糸ふけをすぐに取り合わせを入れます。かなりの重量感、良型のマダイの感じがしました。今日はこれがラストチャンスと思い、慎重に巻き取ります。時々両軸リールのスプールが逆転しますが、弱るまで泳がせます。釣れたのはマダイ(45cm、1.6kg)でした。

 がっちりと下唇に針掛かりしていました。

 まだ釣れそうな状況でしたが、満足する1匹でしたので、納竿しました。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL

カゴ釣り(2014/12/14小潮↑)マダイ29cm他

釣り日記
12 /14 2014
カゴ釣りに行ってきました(11:40~14:25)。冬の寒さも本格的になり、北寄りの風が冷たく雲も多めで、日差しが時々出ると暖かく、雲に遮られると凍える寒さでした。


潮は小潮で、ゆっくりと右に流れていました。表層水温は17.5℃で、風の影響で波が多少あり、際には小メバルが群れなしていました。

あまり期待できない右流れですが、速度は理想通りなので仕掛けを流してみます。小潮回りの時は流れが不規則に変わることが多いので気長に左流れを待ちます。
水温低下で餌取りも減ったのか、餌が取られないまま戻ってきます。
 12:30過ぎても右流れのままです。日差しも出ないし寒いので昼食でもとろうかと思った13:00頃に、ウキがちょっと入って浮き上がり、また入って今度は浮いてきません。糸ふけをとり合わせを入れると確かな手ごたえ、釣れたのはマダイ(29cm)でした。

その後、続けてウキが入りましたが、手応えなく釣れたのはキハッソクでした。

13:30過ぎにようやく左流れになりましたが、更に風が強く吹き始め釣りにくくなります。14:00頃に潮が流れなくなり餌も取られなくなりました。餌の塊が残っていたので海に投げ入れると待っていたとばかりにトンビにウミネコが先を争って取合いしていました。


(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL

カゴ釣り(2014/12/7大潮↓)マダイ26cm

釣り日記
12 /07 2014
カゴ釣りに行ってきました(10:45~15:45)。12月に入ってから急激な冷え込みで、水温が急激に下がり、一気に冬模様になった感じです。ここ数日冷たい雨や風が吹いていましたが、久々に晴れ間が出て風もあまり吹かないようだったのでゆっくりと出発です。潮は大潮、多少さざ波が立ち、左に速く流れていました。




 12月からの水温(水深10m)は右肩下がりで、食い渋りが予想されましたが、久々の日差しで水温が上がれば可能性はあるはずです。表層水温は18.5℃でした。
 いつもの場所に漁師さんが使用している漁具が干してありました。時々、すぐ沖合で引き上げているのを見たことがありましたが、実物を見るのは初めてです。

 さて、カゴ釣りの方ですが、大潮のせいもあり速く流れて、アタリはありません。午後の干潮時間(15:06)前の緩く流れるチャンスを待ちます。13:50過ぎにようやくゆっくりと左に流れ始めました。13:55によそ見している間にウキが見当たりません。糸が走り始めるのを待ちましたが、動きがありません。糸ふけを取り合わせを入れると重みがありますが引きません。予想通り、キハッソクでした。

 この魚が居るということは底の方は水温がまだ高めのようです。期待を込めて打ち返します。すると、14:00にウキが入り、釣れたのはマダイ(26cm)でした。

 続いて、ウキが入り先ほどよりはよく引きます。釣れたのはマダイ(28cm)でした。

 その後は飽きない程度にウキが入り、キハッソク、チャリコと釣れ続きましたが、針外れも2回ほどありました。15:10過ぎには潮止まりとなり、餌が残る様になりました。ふと後ろを見るとウミネコが傍にいるのでオキアミを投げると啄んでいました。

 15:40には、潮の流れが複雑となったため、納竿としました。アクアパッツアと味噌汁にして美味しく頂きました。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。