カゴ釣り(2014/11/22大潮↑↓)マダイ27cm他

釣り日記
11 /22 2014
カゴ釣りに行ってきました(07:00~14:50)。3連休初日、天気も良く、風穏やかで朝早くから釣り人が多くいます。潮は大潮、左にゆっくりと流れていました。





表層水温は21℃で、海中には小グロに混ざって小メバルの群れが見られました。海の中も冬に近づいているようです。

実釣開始から潮の流れは理想通りで、撒餌を兼ねて頻繁に打ち返しました。その甲斐あって07:30にウキが一瞬で入りましたが、残念ながら針はずれでした。その後も08:00にもウキが入りましたが外れました。
 その後は沈黙が続き、ようやく09:10にウキが入り、釣れたのはマダイ(27cm)でした。

その後は潮の流れが速くなり、打ち返すものの餌は残ったままで沈黙が続きます。午後の潮替わりまで色々なポイントを試してみます。
 沖の本流にかなり引かれる潮が発生していたので、かけ上がりギリギリに仕掛けを流すようにすると13:30にウキが入り、かなりの重量感、期待しましたがキハッソクでした。最初のマダイから時間が経過していたので期待した分、がっかりです。

沖合に強く引かれていた潮もようやく落ち着き普通に左に流れ始めます。13:50にウキが入り、釣れたのはマダイ(25cm)でした。

その後は、当たりが続きます。針外れもあり、その後はマダイ2枚追加です。14:50には右流れとなったので納竿としました。

料理のレパートリーを増やすべく今回はマダイのアクアパッツァを作ってみました。思ったより美味しくできました。

たまには洋食もいいですね。
(本日の仕掛け等)
ハルスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL
スポンサーサイト

カゴ釣り(2014/11/15小潮↑)マダイ37cm他

釣り日記
11 /15 2014
カゴ釣りに行ってきました(10:40~15:50)。天気もよく釣り人も多くいました。潮は小潮で、右流れ、表層水温は22℃でした。




 木曜日から金曜日にかけて水深10mの水温が、1℃近く下がっており、このまま下がるかと思いましたが横ばいになっていたので一安心です。遅めの現地到着だったので、いつもの場所には先客がいました。今回はその右横に入りました。
 右流れなので、ゆっくりと釣りの準備をして、早目の昼食を摂りました。左寄りに仕掛けを投入すること数投目にウキが入ります。期待しましたが、釣れたのはキハッソクでした。

 その後、アタリが無いのにリールを撒くと重みが感じられました。引きが無いまま釣れたのは大きなベラでした。餌取り名人ですがチヌ針5号を飲み込んでいました。

 昼近くになり、右流れもゆっくりとなった11:40にウキが入りました。糸ふけをとり合わせを入れます。釣れたのはマダイ(27cm)でした。

 その後、さらに流れが緩やかになり、堤防際はほとんど流れず、沖のみゆっくりと右流れになりました。するとアタリが続き、マダイ(足裏サイズ)が釣れました。
 14:30過ぎにようやく左に流れ始めました。14:50にウキが入ります。今までよりは強い引きで抵抗しますが、強引に巻き取り釣れたのはマダイ(30cm)でした。

  15:00頃にウキがちょこちょこと動きゆっくりとウキが入りました。マダイとは違う感じだったので、あれ?と思いましたが結構な引きです。釣れたのはウマヅラハギ(33cm)でした。

 大きな針でしたが、がっちり上唇に掛かっていて、これでは逃れられないですね。

 この頃には日もだいぶ傾き、水面が眩しくウキが見えにくい状態です。それでも15:20に、一瞬でウキが入りました。慎重に糸ふけを取り、大きく合わせを入れると今日一番の手応えです。ゆっくりと巻き取りながらタモ入れ、釣れたのはマダイ(37cm)でした。今日は数多く釣れ、楽しい釣行となりました。ウマヅラハギの肝和えは家族に大好評でした。


(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL

カゴ釣り(2014/11/8大潮↑)キビレ37cm

釣り日記
11 /08 2014
カゴ釣りに行ってきました(06:30~11:00)。曇りの天気で、最初は風も北寄りの風が強めに吹いていましたが、明るくなるにつれて穏やかになりました。潮は大潮、左に速目に流れており、表層水温は22℃でした。



 最初のうちは潮の流れも速く餌は取られないままでした。青物が回ってきてもよさそうな感じでしたが、ルアーマンにはヒットがありません。07:30頃になると流れが多少緩やかになり、餌が取られ始めました。08:00にウキが入ります。糸ふけを取り合わせを入れるとかなりの重量感を感じます。ゆっくりと巻いてくると途中から底へ引き込んでいきます。そして根掛かりのようにまったく動かなくなりました。糸を張ったままじっとしているとたまに動いているのが判りました。強めに糸を張り、待つこと30秒で、観念して動き出しました。今度は強引に巻き取ります。マダイでないことは確実ですので、一気に浮かせました。釣れたのはキビレ(37cm)でした。

 ところが、ここでアクシデントです。玉網に絡まった鰭を外そうと魚に触れた瞬間、激しく抵抗され指を切られました。思ったより深く、指から血を滴らせながら写真を撮り、血抜きをするハメになりました。

 キビレも私の指の血と自らの血抜きの血で血だらけです。海水が入れてあるバケツに魚を入れると、海水で指を洗い、タオルで止血です。良い潮の流れになっているチャンスに指を押さえて、暫く休憩を余儀なくされました。
 完全には出血は止まっていませんでしたが、はやる気持ちが先行し、釣り再開です。しかし、指2本を怪我しているので、手返しが遅くなります。痛みに耐えながらなので楽しいはずの釣りが苦行になってしまいました。
 08:50頃にウキが入りましたが、釣れたのはフグでした。

 海の中は、フグだらけなのか、付け餌はうまく齧られ、針には噛み跡がついて、下地の金メッキが見えています。

 09:00頃から強い当て潮となり、すぐに仕掛けが堤防に寄ってきます。波音立てて手間に潮が押し寄せるので釣りになりません。
 09:10には多少緩やかになったものの当て潮気味に流れていて仕掛けのコントロールに難儀しました。しかし09:30には潮の流れが止まり、10:00には右流れとなりました。次の左流れに期待するところですが、小雨が降ってきました。ラストチャンスに賭けたいところでしたが、指が疼き、合羽着てまで粘る気力も無かったので納竿としました。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針ささめ針ヤイバ喰わせ真鯛9号レッド、餌撒餌共にオキアミLL

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。