カゴ釣り(2014/10/30小潮↑)マダイ36cm他

釣り日記
10 /30 2014
カゴ釣りに行ってきました(09:00~13:40)。今日は風も穏やかで天気も良く、暖かい日和でした。潮は小潮、濁りも前回の釣行時よりも幾分かとれていました。


 表層水温は23℃、沖目は左に手前は右に大きく渦巻いているような流れでした。時折、湧き上がるような流れも出たりと安定しません。餌も残ったままで餌取りも居ないようでした。10:00過ぎにようやく全体的に左に流れるようになると、餌を取られ始めました。手前のかけ上がり付近は餌取りだらけのようなので沖目にポイントを設定しました。10:30頃にウキが入りましたが、すっぽ抜けで、掛かりませんでした。11:00頃には理想的な速さの流れになり、11:15にウキが入り、釣れたのはマダイ(25cm)でした。

その後、11:30にもウキが入り、かなりの手応えを感じました。良型と思いながら慎重に巻いてくるとシルエットがどうも変です。あれ、茶色?と上がってきたのはバリ(26cm)でした。

 すっかりマダイと思い込んでいたのでちょっとがっかりです。おちょぼ口ですが、大針が上唇に掛かっていました。今日はハサミを持参していなかったのでリリースです。その後も続けてウキが入りマダイが釣れました。

正午には薄く雲がかかり、海面が白く光って見えるので、黒いボディのウキに交換です。なかなか出番がなく、このウキでウキ入れを見ていないので使ってみました。

 12:00過ぎには潮止まりとなり、沖はゆっくりと右に流れ始めました。手前は澱んだ潮(赤潮らしいものも)が漂っていました。

右流れの時は、あまり釣れた実績が無いので、左に転じるまでのんびりと流していました。足元にいる小グロにオキアミを撒きながらふとウキをみるとありません。糸ふけを取りながら当たりを感じた瞬間に合わせを入れます。いい感じの手応えと引きを感じます。釣れたのはマダイ(36cm)でした。

 その後、流れが左に変わりましたが、流すたびに速くなっていくのが判りました。最後の一投を左限界ギリギリまで流し、本流まであと10mという所でウキが入り釣れたのはマダイ(23cm)でした。

最後の撒餌を口一杯に頬張っており、釣り上げた後、跳ねた時に吐き出していました。大物は出ませんでしたが、コンスタントに当たりがあったので楽しめた釣行でした。

(本日の仕掛け等9
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀チヌ5号、餌撒餌共にオキアミLL
スポンサーサイト

カゴ釣り(2014/10/28中潮↑↓)!?

釣り日記
10 /28 2014
カゴ釣りに行ってきました(09:40~13:45)。予報では北東の風が強く波浪注意報が出ていて迷いましたが、せっかくの休みなので様子見だけでもと釣行しました。。釣り場についてみるとそれほどの強い風でなく釣りができそうでした。平日ですが、主なポイントには釣り人が竿を出していました。


 潮は中潮、大雨後の雨の影響はまだ残っており、キラキラと小さな浮遊物が海中を漂っています。ゆっくりと左に流れていました。表層水温は23℃でした。

1投目から餌取りが活発で付け餌が、時には針ごと無くなります。ベラかフグか判りませんが、時折流れるウキが不自然に止まったりするので、仕掛けを張った状態で空合わせを何度か試みてみました。すると生体反応あり巻いてみると釣れたのはフグでした。

良い体勢で写真を撮る予定でしたが、思ったより跳ね回るため逆さまです。針は見事に閂に掛かっていました。

その後は、餌を取られっぱなしで沖合を流しても変わりません。左にはフカセ釣りするご夫婦がいましたので、仕掛けを張り気味にして流していました。11:00には右に流れ始めました。その後の下げ潮の左流れの一時がラストチャンスなのでそれを待つことにしました。そして12:15頃にゆっくりとした左流れです。左限界ぎりぎりまでフリーで流した後は、糸を張りハリスを先行させ浮かせ気味にすると一瞬でウキが入りました。すぐさまに合わせを入れるとかなりの重量感です。最初の引きに耐え、巻きにかかると首を激しく振ってくる感触が伝わります。その瞬間、まさかの針はずれでした。ハリスには傷が付いておらず、硬い顎に引っ掛かっていただけなのか、皮一枚で掛かっていたのか判りませんが残念でした。
 その後、しばらくやってみたものの潮の流れが速くなり餌も取られずじまいで終了です。今後は大物に備えて針を一回り大きめにして狙ってみます。
 
(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛8号、餌撒餌共にオキアミL

カゴ釣り(2014/10/25大潮↑)キビレ38cm他

釣り日記
10 /25 2014
カゴ釣りに行ってきました(07:45~10:45)。天気も良く、多少北寄りの風が吹いていますが気にはなりません。絶好の釣り日和です。潮は大潮、数日前の大雨の影響か海の中は浮遊物が漂い、濁り気味です。


土曜日とあって、釣り人も多く、ルアー釣りの人が先端で竿を振っていました。ヤズ(ハマチ)が釣れている様でしたが、日が昇ってからはダメのようでした。夜明けから朝日が顔を出すまでが時合いのようです。
 思ったより潮の流れが緩やかで、しかも左流れなのですぐに実釣開始です。今日はどちらかというと底近くを流すことにしました。1投目から餌が取られます。何度か餌を取られて気付くと針の上の部分に何箇所か噛み跡が付いていました。

フグの仕業でしょう。針を飲み込み噛み切ろうとしていた事が窺えます。直ぐに針を交換し、仕掛けを投入します。潮が当て潮気味に流れ始め堤防寄りに仕掛けが流れるとウキが入ります。釣れたのはガラカブでした。

口一杯にオキアミを頬張っており食いしん坊です。まだ元気良さそうだったのでリリース、少し沖目を流します。08:30には更に流れが緩くなりました。08:40に堤防にゆっくりと近づいていたウキが消し込みます。糸ふけがかなりあったのでゆっくりと巻いて軽く抵抗が掛かったところで合わせを入れます。重いだけで抵抗がありません。が、あと10mというところで急に真下に突っ込みました。しばらく激しい抵抗にあいましたが、浮いてきたのはキビレ(38cm)でした。

その後、流れが右に変わりました。しばらくは餌も残り、ウキに変化が現れません。北寄りの風が強くなると本流の流れも強くなったのも影響し左に流れ始めました。今度は左より沖合に流れ始めました。そして10:15にウキがチョンと入って浮き上がり、また入って浮き上がりを繰り返していました。チャリコ?と思い糸ふけを取っていると今度は入ったまま浮いてきません。合わせを入れると最初から抵抗してきます。マダイと思い巻いてくると釣れたのはキビレ(36cm)でした。その後は左に速く流れ始めたので納竿としました。


 
(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛8号、餌撒餌共にオキアミL

カゴ釣り(2014/10/23大潮↑↓)×

釣り日記
10 /23 2014
カゴ釣りに行ってきました(07:00~10:00)。天気予報では北東の風が強く、前日は大雨だったので、どうしようか迷いましたが、折角のお休みなので、釣行しました。
 家を出る時から北寄りの風が強く吹いていました。海は更に強いだろうと予想しながら車を走らせます。途中の海岸線で朝日が顔を出し、綺麗だったので写真を1枚です。

 平日でしたが、釣り人が予想以上に多く、いつものポイントには2人ほど竿を振っていました。追い風気味の北東の風で、さざ波が立ち、昨日の大雨の影響からか濁り気味の潮色でした。


 小グロは、活発に泳ぎ回っており、オキアミを撒くとあっという間に無くなります。ヤズ(ハマチ)が回っているようで、ルアー釣りの人、生きエビで釣りをしている人に釣れており、時折、小さなナブラも見られました。
 さて、マダイの方ですが、3投目にウキが入りましたが、手のひらサイズのマダイで、その後は音沙汰なしでした。ただ、2回ほど仕掛けを回収中に何かが引っ掛かるような手応えがあり、針が無くなっていました。次こそは正体を暴きたいと思います。
 
(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛8号、餌撒餌共にオキアミL

カゴ釣り(2014/10/16小潮↑)マダイ26cm他

釣り日記
10 /16 2014
カゴ釣りに行ってきました(09:00~14:00)。雲が多少出ているものの、風もあまり吹かず釣り日和でした。潮は小潮、潮は笹濁り程度、表層水温は25℃でした。


海の中は小グロが大群でいて、オキアミを撒くと先を争って食べにきます。撒いたオキアミは一瞬のうちに無くなります。

今日は思い切って中層から始めました。上げ潮のせいもあり右流れですが小潮回りのせいかゆっくりと流れていました。速度は申し分ないのですが、あまり実績のない右流れなので期待せずに流すと2投目にウキが入ります。釣れたのはマダイ(25cm)でした。

幸先良いスタートなので、ちょっと期待しましたが、その後はしばらく沈黙が続きます。09:30過ぎに少し沖目を流すとウキがちょんと動きました。巻いてみると釣れたのはウリンボウ(イサキの幼魚)でした。

これが中層付近に居る様で、しばらくは連続で釣れました。その後11:00過ぎにはその当たりも無くなったので、12:00に棚を変更、竿1本ほど下げ流します。が、餌取りが多数いる様でウキに変化が出ないまま付け餌が無くなります。
 それでも12:15に知らぬ間にウキが入ってました。巻いてみるとマダイ(24cm)でした。

その後は餌取りの猛攻に会い、13:00に1ヒロ上げました。この頃には潮止まり近いせいもあり更に流れが緩やかになりました。潮が右流れから沖合に向かって真っすぐ本流に向かう流れとなりました。13:30に本流まであと少しのところでウキが一瞬で入りました。糸ふけを取り合わせを入れると確かな手ごたえ、しかし、それほどの重量感もなく上がってきたのはマダイ(26cm)でした。

14:00には潮止まりとなったので納竿としました。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛8号、餌撒餌共にオキアミL

カゴ釣り(2014/10/9大潮↑↓)キビレ43cm他

釣り日記
10 /09 2014
カゴ釣りに行ってきました(06:17~12:30)。到着後は月がまだ出ていて、きれいだったので写真を1枚です。

天気は良かったのですが、過ぎ去った台風後の影響か、これから来る台風19号の影響か多少波が立っていました。潮は大潮、笹濁り程度で表層水温は24℃でした。


今日は職場の同僚を連れての釣行です。

フカセ釣りで深場にいると思われる良型メジナを狙っています。しかし、浅棚には小メジナが大群でいて、苦戦を強いられていました。

さて、カゴ釣りの方ですが、ウキが何度か沈みますが、針掛かりまでに至らず空振りが続きました。08:00過ぎにゆっくりと左に流れていたウキがチョンと動きますが、その後変化なしで流れていきます。先ほどはこのまま流して根掛かりしたので合わせを入れて巻きにかかります。重量感が感じられましたが引きがありません。ようやくカゴが見え始めた途端、真下に強烈に引き込みます。イラ?という予感がありましたが、銀色に光る魚体が確認できました。クロダイと思い慎重にやり取りします。しばらく抵抗が続きましたが、タモに収まったのはキビレ(43cm、1.2kg)でした。

閂にしっかり掛かっていたので良かったです。

その後、潮止まりとなり、右に潮が動き始めたので左に投げ入れます。09:30頃によそ見してる間にウキが見当たりません。糸ふけを取り、合わせると軽めの手応え、釣れたのはマダイ(21cm)でした。

小ぶりですが、本命の登場です。しかし潮が頻繁に流れを変えてこちらも苦戦を強いられます。この頃から風も吹き始め釣りづらくなってきました。同僚は内側に移り落とし込みに切り替えますが、小グロの猛襲に苦戦です。

潮が再び左流れになりましたが、沖の本流に引かれる流れとなったので、糸を送り続けます。09:40頃にウキが入ります。今度こそ良型のマダイと思いましたが意外にキビレ(36cm)でした。強引に巻き上げタモ入れします。

何故か背びれの前の一部がありませんでした。

よく見ると唇の皮1枚で引っ掛かっていました。よく取れませんでした。
 その後は潮の流れも速くなり、風も強くなってきました。同僚は持ち帰る釣果が無かったので手堅くガラカブ釣りに変更です。しかし当たりのほとんどはベラの仕業で、ガラカブが食い付く暇が無いようです。1時間粘って数匹でした。

同僚にはめげずに次に頑張ってもらいたいものです。

(本日の仕掛け等)
ハリスJOINER船ハリスパステルブラウン2.5号5m、針がまかつ一刀真鯛8号、餌撒餌共にオキアミLL

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。