カゴ釣り(2012/6/1中潮↓)!?

釣り日記
06 /02 2012
カゴ釣りに行ってきました(05:40~10:00)。潮は(06:00満潮、12:33干潮)中潮で、笹濁り気味で、透明感はあまりなく、流れも向きや速さが不規則に変化して釣りにくい状態でした。風はあまり吹かず、曇りがち、表層水温は20℃でした。

 
 小魚は多数群れなして、泳いでおり、クロ(メジナ)、イワシ、バリ、スズメダイと種類も多く、中でもバリの子が一番多く泳いでいました。

 
 しかし、小魚の活性とは裏腹にマダイの魚信はなく、時間だけが過ぎていきます。
潮が沖合の本流に引かれてウキが沖合に流れ始めたので、そのまま流した後、回収し始めると海藻が引っ掛かったような軽い重量感がありそのまま巻いていると、突然竿を引っ手繰られるような手ごたえがあり、何?と思いながら巻いてくるとギラギラと青物のような魚影(推定70cm)が見えました。左に走られ沖に向かった瞬間に針が外れ、口から魚のような物が飛び出していました。飛び出したのは小サバ(20cm)でした。飲み込まれていたせいで傷だらけです。

 
 その後は、当たりもなく終了です。周りでは老夫婦が際で、小グロ釣りを楽しんでいました。
(本日の仕掛け等)
ハリス3号6m、針オーナー閂マダイX8号、餌・撒餌共にオキアミL
 
スポンサーサイト

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。