上天草市方面(2018/10/20)

ツーリング日記
10 /20 2018
今日は、天草方面へランチを兼ねてツーリングに出掛けました。今、上天草市では海丼&山丼「上天草どっちもよか丼」のイベントをやっていて、美味しいものを食べようということで話が進みました。https://kami-amakusa.jp/
店の開店時間に間に合うように09:00に出発しました。時間調整と休憩を兼ね、「リゾラテラス天草」http://www.lisolaterrace.com/により、施設を見て回っていると美味しそうなメニューがあり、眺めていると店員に勧められ思わず入ってしまいました。海丼は次回に持ち越しとなりました。
181020-1.jpg
店内は、お洒落な造りで、外の景色も最高の眺めです。181020-2.jpg181020-8.jpg
海鮮丼セットとアクアパッツァのセットを注文しました。
181020-3.jpg
181020-4.jpg
181020-5.jpg
美味しく頂きました。その後は店内を見て回り、お土産を購入、美味しそうなシュークリームを見つけ食べることに。
181020-6.jpg
181020-7.jpg
これは、最高でした。リピーターになりそうです。ふと、ドアに貼ってあるイベントが気になり、見てみると「田んぼアート2018」。以前、テレビで紹介していたことを思い出し、10月一杯の開催とのことだったので急遽行くことにしました。松島有料道路(二輪150円)を走り、知十I.Cで降り、国道324号を右折、次の信号を左折して県道290号に入り倉岳方面へ。181020-9.jpg
途中から現れ始めた「田んぼアート」の幟を辿りながら走ります。無事にたどり着くのか心配でしたが、ようやくそれらしい場所に到着です。
181020-10.jpg
狭い専用駐車場にバイクを止めます。道の至る所に人形が置かれていました。
181020-11.jpg
181020-12.jpg
駐車場から少しばかり歩きます。
181020-13.jpg
地元住民の方々が設置した展望台がありました。熊本放送(RKK)による撮影が行われていました。
181020-14.jpg
181020-15.jpg
下の写真が上から見た田んぼアートです。今年の題材は喜多川歌麿の浮世絵「高名美人六家撰」の「扇屋花扇(おうぎやはなおうぎ)」だそうです。
181020-16.jpg
近くに作成風景の写真が掲示されていましたが、大型プロジェクターで投影して田植えを行った事実を知り、驚きました。
181020-17.jpg
見頃は、7月中旬から8月一杯とのことでしたが、今日見ても素晴らしいものでした。帰りは、景色を眺めながら寄り道をしつつ帰路につきます。
181020-18.jpg
天草四郎ミュージアム(大人600円)。
181020-19.jpg
左、天城橋(天草新1号橋)と右、天門橋(天草旧1号橋)を背景に。
181020-20.jpg
最後に「ひなたまこっこ」https://www.rakuten.ne.jp/gold/ranranhonpo/index.htmlで買い物です。美味しいものが色々とあります。
181020-21.jpg
何故か道路に鶏が?逃げたのか?
181020-22.jpg

(本日の走行距離) 177.3km
スポンサーサイト

阿蘇市阿蘇神社方面(2018/10/7)

ツーリング日記
10 /07 2018
台風25号が過ぎ去り、晴れ間の出た日曜日、阿蘇へツーリングに出かけました。国道57号から県道339号を通り、県道23号に抜けました。
181007-1.jpg
最初の目的地は、テレビでも紹介のあった「ひばり工房」http://hibariko-bo.com/です。
181007-2.jpg181007-4.jpg
181007-3.jpg
多くのお客さんで賑わっていました。お腹も空いたので「ヒバリカフェ」に入りました。181007-5.jpg
181007-6.jpg
入り口付近には、キンモクセイが咲いていて、良い香りを漂わせていました。ホットドッグがメインで、人気商品を注文しました。181007-7.jpg
181007-8.jpg
美味しく頂きました。その後、以前から行ってみたかった阿蘇神社に向かいました。181007-9.jpg
181007-10.jpg
熊本地震で、倒壊した拝殿等は跡形もなく更地になっていました。それでも多くの人が参拝していました。早い再建が望まれます。参拝後は近くのお店を見てまわりましたが、湧水が至る所にありました。181007-11.jpg
お食事処が気になり入ることに。入ったのは「湧水茶屋 なかまち」
181007-12.jpg
181007-13.jpg
181007-14.jpg
181007-15.jpg
181007-16.jpg
頼んだのは「だご汁定食」と「ざるそば」。だご汁のだごは柔らかく実家で食べるものとは違う食感でした。ざるそばのつゆに入れる生卵の殻は市販の物が硬くちょっとした驚きでした。帰りは「大観峰」に寄って帰ることに。県道213号から阿蘇大観の森を抜け「蛇の道」を通ってみました。
181007-17.jpg
181007-18.jpg181007-19.jpg181007-20.jpg
通称「ラピュタ道」と呼ばれていた道が地震で通行不能となり、代わりに「新ラピュタ道」とか「第2のラピュタ道」とか呼ばれているようですが、道は狭く勾配も急で、所々湧水で濡れているので滑りやすくかなり注意が必要です。程なくして大観峰に到着しましたが、観光客で一杯でした。景色は最高でした。
181007-21.jpg
181007-22.jpg
(本日の走行距離) 111km

阿蘇市草千里ケ浜方面(2018/9/23)

ツーリング日記
09 /23 2018
連休の中日に阿蘇方面にツーリングに行きました。暑くても寒くても嫌だという根性のない夫婦がやっと行く気になる短い季節に入り、山派の妻に合わせて山に向かうことに。混雑を避けるために早めに出発です。行く先は何十年ぶりかの草千里ということで、南阿蘇からのアプローチです。180923-1.jpg
県道28号線の一部が通行止めなので、迂回路を通るルートになります。「道の駅 あそ望の郷くぎの」http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/asobounosato/asobounosato.htmlで小休憩、近くの道路上で、阿蘇の山並みをバックに撮影です。180923-2.jpg
道路の混雑もなく10:00前には草千里ケ浜に到着です。180923-3.jpg
180923-4.jpg
お土産を見て回った後、すぐに出発、逆コースを辿ります。途中、地震の爪痕を残す山肌がありました。まだまだ、草原の回復はできていません。180923-5.jpg
高低差を感じられる場所があったので景色を堪能しました。180923-6.jpg
再び「道の駅 あそ望の郷くぎの」により、早めの昼食をとることに。テラスでは子ザルの芸が披露されていました。芸達者で面白かったです。180923-8.jpg
一番乗りで食事処に入り、好きなものをチョイスします。ちょっと食べ過ぎました。180923-7.jpg
後は、のんびりと季節を感じられる場所で写真を撮りながら帰りました。田畑の畦道に咲く、彼岸花(上)と蕎麦畑(下)です。180923-9.jpg
180923-10.jpg
帰る途中、阿蘇に向かう車線は、大渋滞でした。早めの出発がお勧めです。
(本日の走行距離) 120km

玉名市長洲町(ながすまち)方面(2017/11/12)

ツーリング日記
11 /12 2017
天気が良いので、夫婦でツーリングに出かけました。ロールニュースの話題で「金魚の館」について放送していたので見に行こうということになりました。景色の良いコースを選択、国道501号線を走ることにしました。途中で景色の良い所に停車し、写真を撮りました。


遠目に雲仙の山並みが見え、海原には海苔の養殖場がありました。風も穏やかで最高のロケーションです。この場所は「河内海の駅 塩屋」の駐車場です。

塩屋のミカンは甘いことで有名だったので買ってみることにしました。
お店の人の話では、今、収穫してあるミカンは実の薄皮が破けるほど薄く、甘みが強いそうで、あと少しで在庫終了とのことでした。これから収穫されるものは冬の寒さに備えて多少、実の薄皮が厚くなり、日持ちするようになるそうです。
試食用にどうぞと勧められたミカンを剥いてみると確かに薄皮が破けます。

甘みが強く、非常に美味しかったです。5kg箱で購入しました。
次に向かったのは「金魚の館」http://www.town.nagasu.lg.jp/kankou/one_html3/pub/default.aspx?c_id=105です。金魚と鯉の郷広場の一角にある施設で入り口には巨大な金魚のモニュメントがあります。

玄関から入ると、早速、水槽があり巨大な金魚が展示してあります。大人の握りこぶしよりも大きな金魚です。

中に進むと、更に大きな金魚がいました。

40cm近くあります。ここまでくると迫力ありすぎです。
館内は様々な種類の金魚が展示してありました。金魚すくいの体験コーナーや売店などもあり、子連れ家族には楽しそうな場所です。

外の池には、鯉が泳いでおり、100円で鯉の餌も販売していました。


11:00過ぎだったので、昼食をとるために移動しました。この付近では人気のお店と評判の喫茶&レストラン「パントマイム」です。


昭和的な感じのするお店です。ハンバーグとナポリタンが人気だったので、ミラノバーグ(ナポリタン付)750円、スペシャルバーグ(チーズとナポリタン)800円を注文しました。

ナポリタンは、味付けが濃厚で、ライスのおかずになります。ハンバーグもジューシーで美味しかったです。更にボリューム満点のビッグサイズがあるようなので次回注文してみようと思います。
お腹も満たされたので帰りに玉名のお土産として有名な「チーズ饅頭」を買うために肥後節菓熊本「むらた」http://www.higomurata.jp/に寄りました。


チーズ饅頭の他にも色々と美味しそうなケーキ、マドレーヌとあります。色々と買い込み、お土産満載で帰路につきました。

(本日の走行距離)101km





阿蘇小国方面(2017/10/9)

ツーリング日記
10 /09 2017
10月3連休の最終日、夫婦でツーリングに出かけました。久々のツーリングです。今回は、そばが食べたいということで、南小国にある「そば街道」で人気のお店「吾亦紅(われもこう)」http://www.aso-sobakaidou.jp/ に決定です。09:00に出発し、ミルクロードを走りながら途中で休憩を入れながら景色を楽しみました。

天気は良かったのですが、若干霞んでおりクリアではありませんでした。
お店に到着したのは10:30で、丁度開店時刻でしたが、すでにお客さんは20名程いました。


お店の入り口は、和風な洒落た感じで良い感じです。せっかくなので毎日限定メニューの一つである「地鶏あんかけ極太そば」を注文しました。

極太麺はコシがあり食べごたえがありました。あんかけがかけてあるので、冷めにくく、ツーリング後の冷えた体には最高です。葛とうふは絶品でした。それぞれ、あっという間に完食でした。食べ終えた頃にはぞくぞくとお客さんが来て空き待ち状態です。
 その後は近場の見所を観光することにしました。まずは、「鍋ケ滝公園」に向かいました。車の方は臨時シャトルバスによる運行でしたが、バイクは近くの駐車場まで行くことができました。それでも駐車場からは急な階段を下って滝の近くへ行くようです。

ほどなくして滝の傍まできました。



滝の内側は岩がえぐれており、空間があります。なかなか見られない景色でした。夏の暑い時期は最高の場所だと思います。続いて向かったのは、「北里柴三郎記念館」です。

復元された生家や、

使用されていた顕微鏡が展示してありました。

現在ほど器材に恵まれていない時代にも関わらず、昔の人の地道な努力と探求心には恐れ入ります。
帰り道、案内標識に「鯛生金山(たいおきんざん)」があったので急遽、寄り道することに。

せっかくなので、地底博物館や砂金採りが体験できるセット券を購入しました。まずは、金山坑道の見学です。




何故か、見惚れてしまいます。
その後は、いよいよ砂金採りです。係員のレクチャーもそこそこに仕事にも見せない執念で砂を選別します。

夢中になると制限時間はあっという間で、貧果に終わりました。取れた砂金は極めて小さいものでしたが、採れるとうれしいものです。

久々のツーリングで疲れましたが、好きでやっていることは楽しいものです。

(本日の走行距離)173.2Km

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。