玉名市長洲町(ながすまち)方面(2017/11/12)

ツーリング日記
11 /12 2017
天気が良いので、夫婦でツーリングに出かけました。ロールニュースの話題で「金魚の館」について放送していたので見に行こうということになりました。景色の良いコースを選択、国道501号線を走ることにしました。途中で景色の良い所に停車し、写真を撮りました。


遠目に雲仙の山並みが見え、海原には海苔の養殖場がありました。風も穏やかで最高のロケーションです。この場所は「河内海の駅 塩屋」の駐車場です。

塩屋のミカンは甘いことで有名だったので買ってみることにしました。
お店の人の話では、今、収穫してあるミカンは実の薄皮が破けるほど薄く、甘みが強いそうで、あと少しで在庫終了とのことでした。これから収穫されるものは冬の寒さに備えて多少、実の薄皮が厚くなり、日持ちするようになるそうです。
試食用にどうぞと勧められたミカンを剥いてみると確かに薄皮が破けます。

甘みが強く、非常に美味しかったです。5kg箱で購入しました。
次に向かったのは「金魚の館」http://www.town.nagasu.lg.jp/kankou/one_html3/pub/default.aspx?c_id=105です。金魚と鯉の郷広場の一角にある施設で入り口には巨大な金魚のモニュメントがあります。

玄関から入ると、早速、水槽があり巨大な金魚が展示してあります。大人の握りこぶしよりも大きな金魚です。

中に進むと、更に大きな金魚がいました。

40cm近くあります。ここまでくると迫力ありすぎです。
館内は様々な種類の金魚が展示してありました。金魚すくいの体験コーナーや売店などもあり、子連れ家族には楽しそうな場所です。

外の池には、鯉が泳いでおり、100円で鯉の餌も販売していました。


11:00過ぎだったので、昼食をとるために移動しました。この付近では人気のお店と評判の喫茶&レストラン「パントマイム」です。


昭和的な感じのするお店です。ハンバーグとナポリタンが人気だったので、ミラノバーグ(ナポリタン付)750円、スペシャルバーグ(チーズとナポリタン)800円を注文しました。

ナポリタンは、味付けが濃厚で、ライスのおかずになります。ハンバーグもジューシーで美味しかったです。更にボリューム満点のビッグサイズがあるようなので次回注文してみようと思います。
お腹も満たされたので帰りに玉名のお土産として有名な「チーズ饅頭」を買うために肥後節菓熊本「むらた」http://www.higomurata.jp/に寄りました。


チーズ饅頭の他にも色々と美味しそうなケーキ、マドレーヌとあります。色々と買い込み、お土産満載で帰路につきました。

(本日の走行距離)101km





スポンサーサイト

阿蘇小国方面(2017/10/9)

ツーリング日記
10 /09 2017
10月3連休の最終日、夫婦でツーリングに出かけました。久々のツーリングです。今回は、そばが食べたいということで、南小国にある「そば街道」で人気のお店「吾亦紅(われもこう)」http://www.aso-sobakaidou.jp/ に決定です。09:00に出発し、ミルクロードを走りながら途中で休憩を入れながら景色を楽しみました。

天気は良かったのですが、若干霞んでおりクリアではありませんでした。
お店に到着したのは10:30で、丁度開店時刻でしたが、すでにお客さんは20名程いました。


お店の入り口は、和風な洒落た感じで良い感じです。せっかくなので毎日限定メニューの一つである「地鶏あんかけ極太そば」を注文しました。

極太麺はコシがあり食べごたえがありました。あんかけがかけてあるので、冷めにくく、ツーリング後の冷えた体には最高です。葛とうふは絶品でした。それぞれ、あっという間に完食でした。食べ終えた頃にはぞくぞくとお客さんが来て空き待ち状態です。
 その後は近場の見所を観光することにしました。まずは、「鍋ケ滝公園」に向かいました。車の方は臨時シャトルバスによる運行でしたが、バイクは近くの駐車場まで行くことができました。それでも駐車場からは急な階段を下って滝の近くへ行くようです。

ほどなくして滝の傍まできました。



滝の内側は岩がえぐれており、空間があります。なかなか見られない景色でした。夏の暑い時期は最高の場所だと思います。続いて向かったのは、「北里柴三郎記念館」です。

復元された生家や、

使用されていた顕微鏡が展示してありました。

現在ほど器材に恵まれていない時代にも関わらず、昔の人の地道な努力と探求心には恐れ入ります。
帰り道、案内標識に「鯛生金山(たいおきんざん)」があったので急遽、寄り道することに。

せっかくなので、地底博物館や砂金採りが体験できるセット券を購入しました。まずは、金山坑道の見学です。




何故か、見惚れてしまいます。
その後は、いよいよ砂金採りです。係員のレクチャーもそこそこに仕事にも見せない執念で砂を選別します。

夢中になると制限時間はあっという間で、貧果に終わりました。取れた砂金は極めて小さいものでしたが、採れるとうれしいものです。

久々のツーリングで疲れましたが、好きでやっていることは楽しいものです。

(本日の走行距離)173.2Km

島原長崎方面(2016/10/10)

ツーリング日記
10 /10 2016
10月3連休の最終日、天気が良さそうだったので夫婦でツーリングに行ってきました。少し遠出したいという期待に応えて、長崎中華街に昼食を食べに行くことにしました。日帰りで全て陸路は少々辛いものがあるのでフェリーを利用しました。朝06:00過ぎに出発し熊本新港に向かいます。今までのツーリングでは初めてフェリーを利用しました。

朝の1番船だったので、利用者数も少なくゆっくりできます。乗船後に景色を眺めながら朝食です。

本当は釣りに行くことも考えていたのですが、最近は豪雨が続き、濁りが予想されたので諦めました。フェリーから海の色を見て納得です。

利用したのは熊本フェリーのオーシャンアローで、熊本-島原間を30分で航行します。フェリーの中でバイクは輪留め、バンド等でがっちり固定されます。ちなみに料金は2500円です。

フェリーを降りてから、小浜経由で、長崎市内にバイクを走らせます。市内に入ると信号待ちの時にお祭り準備の移動にあたり、一時、通行止めです。

昼食には早い10:30に到着したので、お土産にカステラをと大浦天主堂付近に向かいました。

その後は、グラバー園と、小学校の修学旅行以来の名所を久々に見学しました。

魚がいるとつい、見とれてしまいます。

周りの景色も最高でした、。

お土産も確保し、昼時になったので、歩いて中華街に。

色々とお店があり、途中で食材キャラクターと記念撮影です。

ようやく妻が予めリサーチしていたお店「江山楼」に入ります。

私は、「特上ちゃんぽん」を注文しました。(1500円)

真ん中にフカヒレが乗っかっています。

妻は「上皿うどん」を。(1000円)

そして、「豚角煮まん」を追加注文です。(1200円)

全て美味しく頂きました。
帰りもフェリー利用でしたが、満船のため時間をつぶすことに。島原名物に「かんざらし」があるということで「銀水」というお店に行ってみました。

白玉粉で作った小さな団子に特製の蜜をかけたものが「かんざらし」というようです。(350円)

帰りもフェリー利用で、乗船中は爆睡でした。

(本日の走行距離)220.4km

緑川ダム方面(2016/7/10)

ツーリング日記
07 /10 2016
今年の梅雨は記録的な大雨が続いていて、週末は雨の日が多いように思います。今日も雨の予報でしたが、09:00には雨も止み、明るくなってきていました。たまたまテレビ番組で、ダム好きの女子(ダムジョ)の特集をやっていて場所によってはダムカードの配布をしているとのことだったので、調べてみると熊本には2か所でダムカードを配布していることが分かりました。
 そんなに遠くはないので、いってみることにしました。雨が降ってもいいように雨衣を持参で11:30に出発しました。日曜日でしたが、天気のせいもあり車は少なめです。1時間もかからず緑川ダムに到着しました。



雨上がり後だったので、森の緑色が綺麗でした。3つある水門の1つだけを開放して水を流していました。近くにある「みどりっ湖情報室」という建物に寄ってみました。

無人でしたが、資料館になっていてダムの歴史やダム湖に住む生物の紹介などが展示してありました。目的のダムカードはアンケートを記入の上、管理棟までと書いてあったので、離れた所にある管理棟へ行き頂戴いたしました。

ただのカードですが、収集してみるのも面白そうです。テレビ番組ではダムカレーという変わったカレーの紹介がありましたが、ここには無いようでした。 
 帰り道に霊台橋(れいだいきょう)で記念撮影です。石造単一アーチ橋としては日本一の大きさということでした。再び雨が降り始めてきたので、石橋を渡る間もなく帰りを急ぐことにしました。


 雨宿りと昼食を兼ねて道の駅「佐俣の湯」に寄りました。足湯あり、温泉ありと楽しそうな場所です。

レストランに入り、一番人気と思われる『あか牛のステーキ丼吸物付 1200円』を注文しました。

肉は咬みごたえが多少ありますが、牛の旨味とたれがマッチングしており美味しく頂くことができました。食後には雨も止み、快適にツーリングを楽しめました。
(本日の走行距離)78.3km

阿蘇(内牧温泉)方面(2016/5/14)

ツーリング日記
05 /14 2016
地震発生から1ヵ月が経過し、完全復旧とまではいってませんが、天気も良いのでバイクを動かすことにしました。あるテレビ番組で、阿蘇の内牧温泉にある人気の食堂が地震の影響で、客足が遠のいているとのことだったので行ってみることに。国道57号の途中が通行止めなので、ミルクロード経由して県道23号を通り、赤水を抜けることにしました。

休日でも比較的混むことがない県道23号ですが、国道57号線の迂回路となっているために走る車も多めです。

地震がなければ、素晴らしい景色の連続なのでしょうが、所々に地震後の爪痕が見られました。山肌は至る所で崩れ落ちていました。

赤の矢印付近は、通称「ラピュタ道」と呼ばれる景色を観ることができる人気スポットだと思われる場所です。

途中に広がる田畑は、一部で大きな亀裂が入っており、地震の揺れがいかに大きかったがわかります。

赤水を抜け、県道175号線経由で内牧に進みました。

昼過ぎに目的場所である「いまきん食堂」に到着しました。

テレビ放送の影響からか、思ったより待ち人が多く1時間待ちと言われました。予約を取り、時間つぶしに近くを散策することにしました。まず、行ったのは「はな阿蘇美」で丁度、春のバラ祭りを開催していました。5月1日から6月12日までだそうです。




よく管理されていて花も葉も綺麗でした。1時間後、食堂に戻りましたが、あと30分はかかるとのことでしたので、更に時間つぶしです。反対側にはお菓子な本屋さん「井野書店」があり入ることに。

中は駄菓子コーナーがあり、本も売っていました。その中に変わり種がありました。それは"てぬぐい本"というものです。まさしく手拭いでできた本です。

食堂の近くには、学校の椅子の巨大なオブジェがありました。内牧と椅子に何か関係があるのかは不明でした。

お土産を買いに近くの「久幸堂」へ。お土産とついでにお団子を買い、空腹をしのぐことに。1本120円です。

「いまきん食堂」入口の横に赤牛のからくり人形があり、回して遊んでみました。

14:00にようやく、店の中へ案内されました。色々メニューはありますが、注文する品は決まっています。

注文から10分後、注文した『あか牛丼』が届きました。

1時間30分まったこともあり、美味しいこと100点満点です。あっという間に完食でした。
(本日の走行距離)78.7km

urachan

両軸遠投カゴ釣りによる釣り日記です。マダイをメインターゲットとして、カゴ釣りで色々な魚を釣ろうと仕掛けなどを研究中です。
また、夫婦共通の趣味であるツーリングも時々のんびりと楽しんでます。